キャビテーションで最高のダイエット※切らない脂肪吸引の効果

このサイトは、私が受けて効果のあったキャビテーションを、ストーリー形式で痩せる理由や期間・料金などを紹介します。

キャビテーション初心者から、通い先を変えようかなと考えている上級者まで納得できる内容を目指しました。 あなたに合った部分から読み進めてくださいね。

キャビテーションってなに?

キャビテーションは、寝ているだけで脂肪がぐんぐん減っていく痩身術。

気楽さと効果の高さのため、エステや美容クリニックのほとんどで受けられる人気メニューなんですよ。

「美容エステは、次々と新しい施術が生まれますが、キャビは長く評価されているトリートメントです。」とエステティシャンが評価するほどです。

そもそも、キャビテーションは「空洞現象」と呼ばれる物理現象の用語です。

液体の流れの中で、圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる現象です。

美容痩身では、痩せたい部分に超音波をあてると、温度が上昇し細胞間質液に気泡が発生し消滅します。

これをものすごい速さで繰り返すと、泡と泡の間に圧力差ができ、キャビテーションが起こります。

この圧力に耐えられない泡が破裂し、その衝撃で脂肪細胞がパンッとはじけ分解されます。

キャビテーションはどうして痩せるの?

キャビテーションで痩せる理由は「脂肪細胞の分解」と「リバウンドしにくい」の2つ。

脂肪細胞を分解(破壊)するトリートメントなので、ダイレクトに脂肪を無くすることができます。

そして、脂肪を溜め込む細胞がなくなるワケですから、リバウンドしにくくなります。

壊れた脂肪はどうなるの?

キャビテーションで壊れた脂肪細胞から、熱でドロドロに溶けた脂肪が流れ出てきます。

ドロドロ脂肪はリンパ管へ送られ、肝臓に運ばれます。

肝臓で分解処理されたあと、老廃物として体外へ排泄されるかエネルギーとして消費されるので、体の中の脂肪が減るんですよ。

他の痩身トリートメントとなにが違うの?

従来の痩身法は、脂肪細胞を小さくして痩せますが、小さくするだけだと、脂肪細胞がまた肥大化してリバウンドしやすい欠点があります。

キャビテーションは、「脂肪を根本から無くする」ことが、これまでの痩身トリートメントとの大きな違い。

一度なくなった脂肪細胞は増えることがないので、残っている脂肪細胞が大きくなっても、リバウンドするほど脂肪が身体に付くことは少ないとされています。

そのため、「切らない脂肪吸引」とも呼ばれているんですよ。

キャビテーションは安全なの?

「脂肪吸引」は危険なイメージがありますが、キャビテーションはお肌を切って脂肪を吸うことはありません(だからエステでもできるんです♪)。

医学的に安全性が立証されていて、世界中で行われているトリートメントにもかかわらず死亡事故はゼロ件です。

キャビテーションの超音波は、脂肪細胞だけに働くので、骨や筋肉に影響はありません。

↑目次に戻る

キャビテーションできる部位は?セルライトやむくみもすっきり

キャビテーションできるボディパーツは、脂肪が気になる(付きやすい)部位です。

カラダの上から順に、二の腕、背中、お腹まわり(ウエスト、下腹)、お尻、太もも、ふくらはぎ。

キャビテーションの性質上、お肉が付きにくい部位(骨がごつごつしているところ)には施術できません。

部位限定ではありますが、お肉が付きやすいところを集中ケアするので、必要十分なダイエット効果が得られるようになっています。

セルライトにも効果テキメン

余分なお肉に老廃物がくっつき、かちこちに固まったセルライト。

「運動習慣がない」「座り仕事ばかり」「冷え性」の人は、代謝が低いのでセルライトが人一倍付きやすいんです。

セルライトは、痛い思いをしながらごっりごりにマッサージしても落ちない頑固な汚れそのもの。

キャビテーションが増える一方のセルライトにも効果がある理由は、「脂肪を溶かせる」「リンパに流せる」からなんです。

キャビテーションでセルライトが落ちる理由

キャビテーションは、脂肪を直接溶かし老廃物もリンパに流すので、セルライト除去に相性が良いんです。

しかも、代謝が良くなるので、その後にセルライトができにくくなるメリットもありますよ。

お肌のデコボコラインがスッキリとした曲線美に生まれ変わるのも、キャビテーションのメリットと言えるんです。

これで、カワイイ服を着てファッションを楽しむことができますね♪

むくみ対策にもなるんです

むくみの原因は、リンパで流しきれない老廃物です。

脂肪細胞は皮下組織で規則正しく並んでいて、その間を埋めているのが、細胞間質液という液体。

細胞間質液はリンパの流れにより、つねに新しく生まれ変わっていますが、流れが悪くなると、細胞間質液は老廃物で満たされむくんでしまいます。

キャビテーションでむくみ対策もできて一石二鳥

キャビテーションでリンパの流れがスムーズになるから、むくみがスッと解消。

むくみを放置していると、脂肪に老廃物がくっついてセルライトの原因にもなります。

ちなみに、キャビテーションしてから3~4日はとても痩せやすい体になっているため、マッサージや適度な運動をするとリンパの流れが良くなりますよ。

トリートメントの流れはどうなっているの?

施術方法は、二の腕やお腹、お尻、太ももなどといった脂肪が気になる部分に、一箇所10~15分ほど超音波を当てるだけ。

これだけで脂肪はドロドロに溶けます。しかし、溶けただけ。

キャビテーションで痩せるには、「体の外に排出」や「脂肪燃焼」も同時にして、体の中の脂肪を減らさなければいけません。

溶けた脂肪を無くする排出&燃焼トリートメント

溶かした脂肪を、リンパ管に流して肝臓を通して体の外に出す排出は、マシン吸引(RF吸引)やリンパドレナージュ(ハンドマッサージ)などがあります。

脂肪燃焼は、ヒートマットや脂肪燃焼ドームなどで、カラダを温めて脂肪を燃やします。

温めることで、リンパの巡りが良くなり、むくみやセルライトの原因になる老廃物を除去できるメリットもあります。

キャビテーションのコースは、ダイエット効果アップのために、たいていは排出&燃焼もセットになっていますよ。時間は全部で40分ほどです。

↑目次に戻る

【実体験】1回でウエスト3センチダウンした!

私が、実際にキャビテーションを受けてみたら1回でウエスト3センチ、体重は1kgほど痩せました♪

これは、キレイサローネで初回体験したときの結果です。

1回でゲッソリスッキリするような痩せ方ではなく、1回目3センチ、2回目1センチのように少しずつじわじわと痩せていきます。

明らかに効果が実感できる範囲で少しずつ痩せていき、何回か通って目標とする体重やボディサイズを実現するのがキャビテーションの理想的な痩せ方です。

とはいえ、1度でこのくらい細くなれるから即効性が高いといえますよね?

↑目次に戻る

【回数と期間】回数は4回前後。期間は1か月~でボディラインが見違える

キャビテーションは1回で1~3センチ痩せますが、それだけでは満足できませんよね。

なので、何回か通うことになりますが、回数は4回前後が目安になります。

期間としては、1~4か月間。週1で通えば1か月、月1で通えば4か月です。

週1と月1。どっちがいいの?

どちらでも効果はありますが、私は週1をオススメします。

なぜなら、キャビテーションは短期間集中の方が、痩せパワーが高くなるから。

その理由は、キャビテーション後4日間は痩せやすいことが関係しています。

どうしてキャビ後4日間は痩せやすいの?

キャビテーションをしてから4日間は、溶けた脂肪が燃えやすいゴールデン期間が続く理由は2つあります。

  • 代謝がアップしている
  • 体内に残った溶けた脂肪が脂肪細胞に取り込まずに残っている

脂肪が燃えやすい形になっているうえ、代謝がアップしているので、日常生活で溶けた脂肪の排出と燃焼をして、一段とヤセるんです。

そして、痩せてカラダが馴染んだところにキャビテーションで再び脂肪に追い打ちをかけるから、グングン痩せるんです。

これが1か月続くと、脳のメモリー効果で痩せたボディスタイルがあなたの標準と記憶するので、スレンダーな体をキープしやすくなるんですね♪

体重55~60kgの女性が週1ペースで4回通えば読モスタイルになれるかも


※キレイサローネの公式ウェブサイトより

このモデルさんは、1か月間通って読者モデルに採用されるくらい痩せました。

某エステティシャン曰く「毎週通うと、このくらい効果が出ること人もいるよ」とのこと。

自力ダイエットでは、1か月でこれほどスリムになるのは難しいですよね~。

「週1回は難しい!」それなら月1回通おう

仕事が忙しかったり、お財布事情で、週1回通えない方が現実的だと思います。

そんな女性は、月1回を選ぶことが多いんですよ。

あまり間隔をあけすぎると、代謝が元通りになった隙に脂肪が少しつくこともあるので、食生活に気を付けてくださいね。

2~3週間に1回でも、痩せスピードはかなり早くなるので、余裕があるときだけでも通う間隔を短くしてみるといいですよ。

通う回数や期間のまとめ

理想は週1回、最低でも月1回は通うといいですよ。回数は平均で4回前後です。

個人差やエステの実力もありますが、他人があなたを見て「痩せたね!」と言ってくれるのは、平均3~5回ほどです。

例えば、お肌を見せがちなブライダルやパーティーのための短期部分痩せなら1~3回ほど。

本格的なダイエットやボディデザインなら5回ほどで、他人から「痩せたね」と思ってもらえますよ。

↑目次に戻る

【日常生活】キャビテーションの効果がアップする誰でもできる方法

キャビテーション後の4日間は、脂肪がガンガン燃えるゴールデン期間です。

せっかく痩せやすくなっているのですから、もっと効果をアップさせるために、普段の生活にチョットだけ変化をつけてあげましょう。

やることは、とってもカンタン。

  • 水をたくさん飲む
  • 1駅歩く・階段を使う
  • 半身浴で長湯

代謝&排出が良くなってるから、水分を多く摂ると、脂肪をたくさん外に出やすくなります。

ウォーキングのような軽い運動(有酸素運動)は脂肪が燃えやすいですし、体を温めてカロリーを消費すると、キャビテーションの効果がアップしますよ。

すでにやっている人は、キャビテーションで脂肪を燃やす準備ができているので、効果を感じやすいかもしれませんね。

↑目次に戻る

キャビテーションするならエステと美容クリニックのどちらがいいの?料金比較も

キャビテーションは医療機関でもエステでもできます。

キャビテーションマシンには、美容クリニックで使われるKAVITA(キャビタ)やS-OPERA(エスオペラ)などの医療用マシンや、エステで使われるキャビフルやキャビリポなどの非医療用マシンがあります。

医療用の方がパワーが強いとされていますが、どちらも痩せた実績があるので、多くの人が通いやすいエステでキャビを受けています。

エステサロンの通いやすさは、店舗数の多さもありますが、なにより料金が安いというメリットが大きいんですね。

  • エステ=コースで7,000~30,000円
  • クリニック=キャビテーションのみで30,000~40,000円

価格帯を見る限りだと、大きな違いが無いように見えますが・・・。

  • エステは「コース」
  • クリニックは「キャビのみ」

という大きな違いがあるのに気付きましたか?

実は、コースになっているのが、キャビテーションで痩せるためにとても大切なことなんです!

どうしてキャビテーションは単体じゃなくコースメニューなの?

もちろん、キャビテーションは単体でも受けられます。

でも、エステはコースメニューとして、クリニックはオプション設定でキャビテーション以外の施術も受けることを推奨しています。

コースになっている理由は、脂肪を溶かすだけでは痩せられないから。

キャビテーションでできるのは、脂肪を溶かすことですが、溶かしただけでは、その場に残って時間がたつと再び固まります。

これでは、せっかくのキャビテーションも意味がないので、痩せるために、溶けて燃えやすい脂肪を燃焼したりリンパに流して体の外に出すわけです。

結論:痩身エステの方が良い

もうお気づきでしょうが、エステがコースメニューになっているのは、早くしっかりと痩せるためなんです。

そのうえ、料金がお得ですからみんなエステを選ぶんですね。

声を大にして言います!キャビテーションは、コースで受けて初めて効果を実感できます!

しかし、すべてのエステが痩せるワケではありません。次は、痩せるエステの見極め方です。

↑目次に戻る

【要チェック】効果の出やすいキャビテーションエステの見極め方

キャビテーションは、エステによって効果が違います!

そして、「キャビの効果が無いので、通い先を変えたい」というのもよくある悩みです。

効果がないのは、排出や燃焼しないで「キャビだけしている」か「マシンに問題がある」のどちらか(もしくはどちらも)。

効果のあるエステを見極めるには、

  1. 排出方法
  2. 温め(燃焼)
  3. マシンのヘッド

の3つをチェックしましょう。

排出方法のチェック

排出は、キャビの効果を左右する大事なトリートメントです。

おもにハンドマッサージ(リンパドレナージュ)でケアすることが多いですが、マシン吸引(RF吸引・エンダモロジー)の方が良いです。

なぜなら、手作業よりもマシンの方が脂肪をより確実に排出できるからです。

マッサージは個人ごとに技量の差があるので、経験の浅いエステティシャンだと、せっかく溶かした脂肪を体の外にたっぷり出せないこともあります。

でも、マシンは技術に大きな差がないだけじゃなく、ハンドよりも脂肪を送り出せるので、RF吸引やエンダモロジーのマシンを採用しているかチェックしましょう。

温め(燃焼)方法のチェック

温め(燃焼)には、溶けてエネルギーとなった体脂肪を燃やして汗にするだけではなく、キャビテーションで脂肪を溶けやすくする役割があります。

ヒートマット、ドームマット、ホットサウナ、RFなどがそうです。

キャビテーション前に体を温めると脂肪が溶けやすくなりますし、キャビテーション後なら溶けた脂肪の燃焼も期待できます。

必ず、キャビテーションの前後に温め(燃焼)のプログラムがあるかチェックしましょう。

マシンのヘッドのチェック

キャビテーションマシンは、お肌に当てるヘッド(プローブ)に金属とシリコンカバーの2つがあります。

効果が高いのは、金属製の方。シリコンは超音波を吸収してしまうので、脂肪に届く量が少なくなり、痩せ効果が大幅にダウンします。

シリコンカバーは、キャビテーションの超音波が骨に当たって聞こえる骨伝導音(耳の奥で「キーン」とする音で、キャビ受けている本人だけに聞こえます)を和らげるために有効。

人によっては不快感を感じる音なので、消音のためにヘッドにシリコンカバーをかぶせるエステもありますが、効果はザンネンなものになります。

今は、金属ヘッドでも「キーン音」が小さいマシンが増えているので、シリコン=古いマシンと考えることもできますね。

効果の出やすいキャビテーションエステの見極め方まとめ

さて、キャビテーションで効果が出やすいお店がハッキリしてきましたね。

  • 脂肪排出はマシンを利用
  • 温め(燃焼)プログラムがキャビの前後にある
  • マシンのヘッド(プローブ)は金属製

この3つを兼ね備えていれば、効果を感じやすいですよ。

私が痩せたエステはココです♪

複数のエステでキャビテーションを受けた私の経験をもとに、オススメできるエステをランキング形式でまとめました。

キレイサローネ

キレイサローネ

  • 全身痩せしたい女性向け
  • 低料金の月額制なので、お財布に優しいのがウレシイ。

キャビの効果に疑問を感じている人にとっても、まずは効果があるかどうか実感するにはうってつけ。

痩せたと感じたところで、通うサイクルを短くして脂肪をたたみかけるように一網打尽にする方法もあり。

当サイトの検証では、キレイサローネの施術たった1回で効果が見られましたよ。

初月から2~3回通って、1か月目でほっそり、3か月で美容体型を手に入れる野心的な目標を設定するのもアリです。

キャビテーションが届く深さは、皮下5センチで他のエステの2倍深いところの脂肪も刺激できます。


他エステの半額以下のお手ごろ感が女性の味方♪

ヴィトゥレ

ヴィトゥレ

  • 部分痩せがめちゃくちゃ得意
  • とにかくお手頃。お財布が心配な女性にうれしい

マシン吸引ではなくハンドマッサージ(リンパドレナージュ)ですが、1回で太もも1cm細くなりました。

ヴィトゥレは「全身痩せには向いていません」と言い切っている代わりに、部分痩せがめっぽう得意です。

料金7,000円台(個人サロンより安い)でこの効果ですから、コスパはgood。

店舗は主要都市にポツポツとあって、意外と通いやすいんです。


痩せたいパーツが3部位までならコスパ抜群

ブルーム

ブルーム

  • 最先端マシンでごりごり痩せる!
  • 料金もなかなかお手頃

マシンパワーの力技で痩せるので、細かい食事指導が少ないんです。

体験だけのつもりが、あまりの効果についつい契約しちゃう人がたくさんいます(私もです)。

欠点は首都圏だけなところですが、近くに店舗があって部分痩せしたいなら有力候補かも。


効果のある最先端マシンで痩せやすい

ラ・パルレ

ラ・パルレ

  • 全国に店舗があるので通いやすい
  • 知名度があるので友達に自慢できるかも

初回トライアル6,000円で体験できるのが大きな強み。有名大手エステなので、店舗が全国にあるから地方の方でも通えるのがいいですね。本コースの料金は少々お高めですが、知名度で選びたい人にピッタリ。

私の正直な感想です。

頭のてっぺんから脚の先まで細く小さくなるならキレイサローネがベストチョイス。

パーツ限定(ウエスト・ヒップ・太ももだけなど)でスリムになるならヴィトゥレブルーム

この3つは効果があるのにお手頃感が満載なので、浮いたお金で欲しかった服をゲットすることもできますよ。

けれども、キレイサローネの店舗は東京・神奈川・大阪の3地域だけだし、ヴィトゥレも主要都市にあるけどそんなに多くないんですよね。ブルームも首都圏だけ。

「近くに店舗がない・・・」という女性は、全国に店舗があるラ・パルレがいいですよ。