キャビテーションで最高のダイエット※切らない脂肪吸引の効果

キャビテーションで痩せる理由は、脂肪を溶かすから!

超音波の力で、脂肪が震えて熱してドロッと溶かします。

脂肪だけに作用するので、脂肪の塊であるセルライトも狙い撃ちできます。

でも、溶かしただけでは脂肪は減りません。
ドロドロに溶けて流れやすく&燃えやすくなった脂肪は、リンパ排出・体内燃焼の2通りの方法で減らします。

リンパ排出とは、溶けた脂肪をリンパ管に流して、老廃物としてカラダの外に出すことです。 リンパマッサージやマシン吸引などをすると、溶けた脂肪を効率的にリンパに流せます。

体内燃焼とは、溶けた脂肪を体の中で燃やすことです。 ヒートマットやドームサウナで体を温めることで代謝を促して燃やします。

もちろん、脂肪は溶かさないとリンパに流れないし、燃えにくいので痩せません。

なので、脂肪を溶かして流れやすく&燃えやすいようにできるキャビテーションは痩せられるんですね。

私が痩せたエステはココです♪

複数のエステでキャビテーションを受けた私の経験をもとに、オススメできるエステをランキング形式でまとめました。

キレイサローネ

  • 全身痩せから脚痩せまでできる
  • 低料金の月額制なので、お財布に優しい。

キレイサローネは、頭のてっぺんからふくらはぎまで全身痩せができます。
頭はヘッドスパ、ボディはキャビテーションで全身バランスよく痩せるので、フィットネスジムやヨガを検討中の女性との相性ピッタリです。

当サイトのキレイサローネ検証では、施術たった1回の施術で効果が見られましたよ。
その理由の1つが、皮下5センチ(他のエステの2倍の深さ!)の脂肪に刺激できるマシンを使っているから。

サイズダウン12回コースは、他のエステで60,000円相当のトリートメントが月6,900円で受けられます。間隔を詰めれば2ヶ月間で12回通えるので、早く痩せたいときは大助かり。

排出:マシン吸引(RF吸引)
温め:ヒートマット
ヘッド:金属


全身痩せがお手ごろ&スピーディ♪

ヴィトゥレ

  • 部分痩せがめちゃくちゃ得意
  • 3パーツまでならお手頃

ヴィトゥレは「全身痩せには向いていません」と言い切っている代わりに、部分痩せがめっぽう得意です。
そのためか、キャビテーションで痩せる大切な排出がマシン吸引ではなくハンドマッサージ(リンパドレナージュ)なのに、1回で太もも1cm細くなりました。
きっと、2種類の温めが効いているのかもしれませんね。

1部位7,000円台の料金で効果ですから、コスパはgood。
3パーツ(部位)までのキャビテーションなら、コスパ抜群ですよ。

店舗は全国の主要都市にポツポツとあって、意外と通いやすいのもいいですね。

排出:ハンドマッサージ
温め:ラジオ波(RF)、ドームサウナ
ヘッド:金属


部分痩せ専門エステ

エヴァーグレース

  • 脚痩せコースはお尻もほっそり
  • 痩せやすい

エヴァーグレースは、もともとお腹回りへのキャビテーションに定評がありましたが、コースの見直しなどをして、今では脚痩せに効果てきめんなキャビテーションをします(ボディへのコースもあります)。

多くのエステでは、脚痩せは太ももとふくらはぎの2パーツですが、エヴァーグレースはヒップも加えた3パーツを細くするので、より美脚になれるんですよ。

排出:ハンドマッサージ
温め:サーモシェイプ
ヘッド:金属


トリプル美脚コースで脚美人になる

たかの友梨

  • 1度で半身痩せできる♪
  • 1パーツの料金で半身(4パーツ)キャビテーション

たかの友梨は、一度に半身をキャビテーションできるので痩せるスピードが段違いです。
上半身と下半身から選べて、上半身ならぽっちゃりスタイル解消に、下半身なら脚痩せ向けとなっています。

なので、「太ももだけ」のようなパーツ限定の部分痩せができないので注意してくださいね。
全身のスタイル作りや脚痩せにピッタリなメニューになっています。

料金は22,680円(初回3,000円)で4パーツもキャビテーションできるのはとてもお得。
他の大手エステは同じ料金で1パーツだけなので、大手なのにリーズナブルなんです。

排出:ハンドマッサージ
温め:あり(専用マシン)
ヘッド:金属


1度に複数パーツだから即痩せできる♪

DDラボ

  • 首都圏で脚痩せしたい女性向け
  • 料金安くて月額制だから通いやすい

DDラボは、肥満遺伝子を調べて痩せやすいアドバイスが得意な、ダイエット専門の痩身エステです。
脚痩せキャビテーションがとてもお得なんですよ。

細くしたい・セルライトを取りたいのが脚だけなら、DDラボ一択です。

排出:マシン吸引(ラジオ波吸引)
温め:ヒートマット、ドームサウナ
ヘッド:金属


通いやすい月額4,990円

エステ選びに迷ったときに失敗しないエステはココだ!(私の正直な感想)

キレイサローネ(都内・大阪・横浜)なら、お得な料金で全身やせも脚痩せ(部分痩せ)もできるので失敗しません。

遠くて通うのが大変なら、1~2パーツ限定で部分痩せ(脚痩せ)→ヴィトゥレ(全国)、ぽっちゃり体型で全身痩せ→・たかの友梨(地方)を、効果と料金の面からおすすめします。

もっと詳しくキャビテーション!

私が受けて効果のあった(ウエスト3cm、ふともも1cm)キャビテーションを、ストーリー形式で痩せる理由や期間・料金などを紹介します。

キャビテーション初心者から、通い先を変えようかなと考えている上級者まで納得できる内容を目指しました。 あなたに合った部分から読み進めてくださいね。

キャビテーションってなに?

キャビテーションは、寝ているだけで脂肪がぐんぐん減っていく痩身術。
気楽さと効果の高さで、エステや美容クリニックのほとんどで受けられる人気メニューなんですよ。

「美容エステは、次々と新しい施術が生まれますが、キャビは長く評価されているトリートメントです。」とエステティシャンが評価するほどの人気と実績があります。

そもそも、キャビテーションは「空洞現象」と呼ばれる物理現象の用語です。液体の流れの中で、圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる現象です。

美容痩身では、痩せたい部分に超音波をあてると、温度が上昇し細胞間質液に気泡が発生し消滅します。

これをものすごい速さで繰り返すと、泡と泡の間に圧力差ができ、キャビテーションが起こります。この圧力に耐えられない泡が破裂し、その衝撃で脂肪細胞がパンッとはじけ分解されます。

キャビテーションはどうして痩せるの?

キャビテーションで痩せる理由は「脂肪細胞の分解」と「リバウンドしにくい」の2つです。

脂肪細胞を分解(破壊)するので、ダイレクトに脂肪を無くすることができるし、脂肪を溜め込む細胞がなくなるのでリバウンドしにくくなります。

キャビテーションでドロドロに溶けた脂肪は、リンパ管へ送られ肝臓に運ばれて分解処理されます。
そして、老廃物として体外へ排泄されるかエネルギーとして消費されるので、体の中の脂肪が減って痩せるんですよ。

他の痩身トリートメントとなにが違うの?

これまでの痩身法は、脂肪細胞を小さくするだけなので、脂肪細胞がまた肥大化してリバウンドしやすい欠点があります。

キャビテーションは、「脂肪を根本から無くする」ことが、これまでの痩身トリートメントとの大きく違います。

一度なくなった脂肪細胞は増えることがないので、残っている脂肪細胞が大きくなっても、リバウンドするほど脂肪が身体に付くことは少ないとされています。

そのため、「切らない脂肪吸引」とも呼ばれているんですよ。

キャビテーションは安全なの?

キャビテーションは、本物の「脂肪吸引」のようにお肌を切って脂肪を吸わず、半円の金属をお肌に当てるだけです(だからエステでもできるんです♪)。

医学的に安全性が立証されていて、世界中で行われているトリートメントにもかかわらず死亡事故はゼロ件です。

キャビテーションの超音波は、脂肪細胞だけに働くので、骨や筋肉に影響はありません。

↑目次に戻る

キャビテーションできる部位は?セルライトやむくみもすっきり

キャビテーションできるボディパーツは、脂肪が気になる(付きやすい)部位です。

カラダの上から順に、二の腕、背中、お腹まわり(ウエスト、下腹)、お尻、太もも、ふくらはぎ。

キャビテーションの性質上、お肉が付きにくい部位(骨がごつごつしているところ)には施術できません。

部位限定とはいえ、お肉が付きやすいところを集中ケアするので、必要十分なダイエット効果が得られるようになっています。

セルライトにも効果テキメン

余分なお肉に老廃物がくっつき、かちこちに固まったセルライトは、「運動習慣がない」「座り仕事ばかり」「冷え性」の、いわゆる代謝が低い人ほど付きやすいんです。

セルライトは、痛い思いをしながらごっりごりにマッサージしても落ちない頑固な汚れそのもの。

キャビテーションが増える一方のセルライトにも効果がある理由は、「脂肪を溶かせる」「リンパに流せる」からなんです。

キャビテーションでセルライトが落ちる理由

キャビテーションは、脂肪を直接溶かし老廃物もリンパに流すので、セルライト除去に相性が良いんです。

しかも、代謝が良くなるのでセルライトができにくくなるメリットもありますよ。

お肌のデコボコラインがスッキリとした曲線美に生まれ変わるから、キャビテーションでセルライトを落としてファッションを楽しむ女性も多いんです♪

キャビテーションでむくみ対策できます

むくみの原因は、リンパで流しきれない老廃物が、たくさん並んでいる脂肪細胞同士の間を埋めている「細胞間質液」という液体にたまることです。

細胞間質液は、リンパの流れによって新しく生まれ変わっていますが、流れが悪くなると老廃物で満たされてむくみます。

キャビテーションは、リンパの流れをスムーズにするので、むくみがスッと解消できます。
むくみを放置すると、行き場のない老廃物が脂肪にくっついてセルライトに変身するので、むくみケアはセルライト予防にもなるんですよ。

ちなみに、キャビテーションしてから3~4日はリンパの流れが良くなっているので、マッサージや適度な運動をするとむくみにくくなりますよ。

キャビテーションのトリートメントの流れ

施術方法は、二の腕やお腹、お尻、太ももなどといった脂肪が気になる部分に、一箇所10~15分ほど超音波を当てるだけ。

これだけで脂肪はドロドロに溶けます。しかし、溶けただけ。

キャビテーションで痩せるには、「体の外に排出」や「脂肪燃焼」も同時にして、体の中の脂肪を減らさなければいけません。

なので、キャビテーションだけでトリートメントすることは少なく、他の施術と一緒に、次の順番で行うことが多いです。

  1. カウンセリング
  2. 温め(脂肪を溶けやすくする)
  3. キャビテーション
  4. 温め(脂肪を燃やす)
  5. 排出(脂肪を体の外に出す)

※キャビテーション前後の温めは、どちらか1つだけの場合もあります。

時間は、全部で40~60分ほどです。

↑目次に戻る

【実体験】1回でウエスト3センチダウンした!

私が、実際にキャビテーションを受けてみたら1回でウエスト3センチ、体重は1kgほど痩せました♪

これは、キレイサローネで初回体験したときの結果です。

1回でゲッソリスッキリするような痩せ方ではなく、1回目3センチ、2回目1センチのように少しずつじわじわと痩せていきます。

明らかに効果が実感できる範囲で少しずつ痩せていき、何回か通って目標とする体重やボディサイズを実現するのがキャビテーションの理想的な痩せ方です。

とはいえ、1度でこのくらい細くなれるから即効性が高いといえますよね?

↑目次に戻る

【回数と期間】回数は4回前後。期間は早くて1か月でボディラインがスッキリ

キャビテーションは1回で1~3センチ痩せますが、もっと細くなりたいですよね。
理想のプロポーションになるまで通う回数は、だいたい4回前後です。

最低でも月1回通いたいですが、私は、スリム効果がアップする週1回をオススメします。
なぜなら、キャビテーションしてから4日間は痩せやすいゴールデン期間

脂肪が溶けて燃えやすい状態になっているうえ、代謝がアップしているのでさらに脂肪を燃やせるんですね。
週1回ペースで通うと1ヶ月の半分はそんなカラダになっているので、新しい脂肪が溜まる暇を与えずどんどん燃やせてダイエット効果がアップするんです。


※キレイサローネの公式ウェブサイトより

このモデルさんは、1か月間通って痩せたら読者モデルに採用されました。
「毎週通うと、このくらい効果が出ること人もいるよ」とは、私が某エステティシャンから聞かされた言葉です。

でも、仕事が忙しかったり、お財布事情で、週1回通えないこともありますよね。

そんなときは月1回を選ぶ人が多いんですが、間隔があくと、代謝が元通りになったときに脂肪が硬くなって次のキャビの効果が薄くなったり、壊してない脂肪細胞にお肉がたまることもあるので、食生活に気を付けてくださいね。

2~3週間に1回でも痩せスピードはかなり早くなるので、余裕があるときだけでも通う間隔を短くしてみるといいですよ。

理想は週1回、最低でも月1回で、個人差やエステの実力もありますが4回ほど通えばあなたを見た友達が「痩せたね!」と言ってくれますよ。

ちなみに、お肌を見せがちなブライダルやパーティーに行くなら短期集中痩せがおすすめです。

↑目次に戻る

キャビテーションの効果がアップする日常生活の過ごし方

キャビテーション後の4日間は、脂肪がガンガン燃えるゴールデン期間です。

せっかく痩せやすくなっているのですから、もっと効果をアップさせるために、普段の生活にチョットだけ変化をつけてあげましょう。

やることは、とってもカンタンな3つの方法です。

  • 水をたくさん飲む
  • 1駅歩く・階段を使う
  • 半身浴で長湯

代謝&排出が良くなってるから、水分を多く摂ると、脂肪が外に出やすくなります。

ウォーキングのような軽い運動(有酸素運動)は脂肪が燃えやすいですし、体を温めてカロリーを消費すると、キャビテーションの効果がアップしますよ。

↑目次に戻る

キャビテーションは美容クリニックよりもエステの方が断然良い理由!料金比較も

キャビテーションは医療機関でもエステでもできます。

キャビテーションマシンには、美容クリニックで使われるKAVITA(キャビタ)やS-OPERA(エスオペラ)などの医療用マシンや、エステで使われるキャビフルやキャビリポなどの非医療用マシンがあります。

医療用の方がパワーが強いとされているので効果がある気がしますが、実は、エステの方が痩せやすいと言えるんです。

その理由は、キャビテーション単体では痩せないから。
サラッと衝撃的なことをいいましたが、本当に、キャビテーションだけでは痩せません。

キャビテーションは脂肪を溶かすだけで、溶けた脂肪は体に残ったまま。
痩せるには、溶けた脂肪をどうにかしなくちゃいけないのですが、クリニックは何もできない一方、エステは燃やしたり排出する用意が整っています。

それが、脂肪の「排出」と「燃焼」の2つで、エステはこれらをコースとしてメニュー化しています。

キャビテーションと一緒に排出と燃焼のメニューを受けないと効果がないことは、クリニックがオプション設定でキャビテーション以外の施術も受けることを推奨していることからも明らかです。

お値段(料金)をみても、エステの方がずっとお得なんですよ。
エステ=7,000~30,000円(排出・燃焼もやってくれる)
クリニック=30,000~40,000円(キャビテーションのみ)

エステの方が、痩せるようにコースを工夫してるし費用もお得。
なにより店舗もたくさんあって通いやすいので、キャビを受ける女性の多くがエステを選んでいます。

しかし、すべてのエステが痩せるワケではありません。次は、痩せるエステの見極め方を紹介します。

↑目次に戻る

【要チェック】効果の出やすいキャビテーションエステの見極め方

キャビテーションは、クリニックよりもエステの方が痩せやすいとはいえ、エステごとに効果が違います。
しかも、「効果がないから、通い先を変えたい」という悩みをもつこともあるんです。

なので、エステの見極めはとっても大事!

効果がないのは、「脂肪を出す&燃やすメニューを一緒にしていない」か「マシンに問題がある」のどちらか(もしくはどちらも)。です。
なので、効果のあるエステを見極めるには、

  1. 排出方法
  2. 温め(燃焼)
  3. マシンのヘッド(プローブ)

の3つをチェックしましょう。

【排出】キャビで痩せる必須トリートメント

排出は、キャビの効果を左右する大事なトリートメントです。
ハンドマッサージ(リンパドレナージュ)も良いですが、マシン吸引(RF吸引・エンダモロジー)の方が効果が出やすいです。

なぜなら、マシンの方がたくさんの脂肪を排出できる(リンパ管に流して肝臓を通して体の外に出す)からです。

マッサージは個人の技量に差が出やすく、経験の浅いエステティシャンだと、せっかく溶かした脂肪を体の外にしっかり出せないこともありますが、マシンは技術に大きな差がなくマッサージよりも脂肪を送り出せます。

【温め(燃焼)】脂肪を溶けやすく燃えやすくしてキャビの効果UP

温め(燃焼)は、キャビテーションの前後で役割が違います。
前なら脂肪を溶けやすくして、後なら溶けてエネルギーとなった体脂肪を燃やす役割があります。

ヒートマット・ドームマット・ホットサウナ・RFなどが、温め(燃焼)のために使われています。
必ず、キャビテーションの前後に温め(燃焼)のプログラムがあるかチェックしましょう。

温めるとリンパの巡りが良くなり、むくみやセルライトの原因になる老廃物を除去できるメリットもありますよ。

【マシンのヘッド】超音波の強さが変わります

キャビテーションマシンのヘッド(プローブ)は、金属とシリコンカバーの2つがあり、金属製の方が効果が高いです。
なぜなら、シリコンの超音波を吸収する性質のせいで脂肪に届きにくくなり、痩せ効果が大幅にダウンします。

シリコンカバーは、キャビテーションの超音波が骨に当たって聞こえる骨伝導音(耳の奥で「キーン」とする音で、キャビ受けている本人だけに聞こえます)を和らげるために有効です。
人によっては不快感を感じる音なので、消音のためにヘッドにシリコンカバーをかぶせるエステもありますが、効果は明らかにダウンします。

今は、金属ヘッドでも「キーン音」が小さいマシンが増えているので、「シリコン=古いマシンで効果が低い」と考えることもできますね。

キャビテーションエステの見極め方まとめ

さて、キャビテーションで効果が出やすいお店がハッキリしましたね。

  • 脂肪排出はマシンを利用
  • 温め(燃焼)プログラムがキャビの前後にある
  • マシンのヘッド(プローブ)は金属製

この3つを兼ね備えていれば、効果を感じやすいですよ。